零四季の、「そうだ、本屋と行こう!」

俺、この戦争が終わったら、のどかと本屋始めるんだ………www

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

どうなんだろう? と、発売待ちするアレ

ネギま!?ベストアルバムの収録曲が発表されて、曲と順位についての感想を簡易ながら書きたいな~と思ったんですが…


今回は敢えて突っ込む「Hello Again」



>Hello Again
>歌:麻帆良学園高等部3-Aの生徒31人+ネギ・スプリングフィールド



とりあえず、歌うのは「あの32人」だろうからソコは安心するとして。


やっぱ気になるのは「中等部」ではなく「高等部」と書かれていること。

極端な話(でもない?)

・単なる誤植
・設定上、高等部で正しい

のどちらか。


最初は誤植だろうと決め付けていた部分がありましたが、考えてみると後者の考えも面白いんじゃあなかろうかと。




今年は平成19年。西暦なら2007年。

彼女達は今年で19歳、順当に進めば大学部進学や就職など新しい道を歩み始めた年です。

麻帆良は中等部→高等部はエスカレーター式、これまで通りの仲間と一緒なので、この時点では進学で離れ離れになることは多分ありません。(エヴァンジェリンの呪い云々は考えてませんが(^^;)

また、初等部の頃から一緒だったりする生徒も少なからずいるでしょうし、新しい仲間が増えても減るってことはそうそう無かったんじゃないかな~と(ちゃおリンは例外的に


大体この辺が後者の案も面白いと思った起点。



でもって、晴れて高等部を卒業となった今年3月。

ここから先は各々希望する進路がありますから、全員がまた一緒のクラスになるということは不可能です。
場合によっては学園都市の外へ行く人もいるかもしれません。

それに麻帆良大学部へ進学しても学部が違えば、一緒に活動できるのは部活動(サークル)しかないでしょう。





早い話、皆バラバラになっちゃうんですよ・・・

いつも隣の席にいたあの娘と。いつも喧嘩ばかりしていたあの娘と。どんな時だって一緒にだったあの娘達と・・・。


仮にクラス替えで離れることはあったとしても、進路で離れ離れになるっていうのはこの時が初めて位だったりするんじゃないかな?







…なんか書いてて切なくなってきたが(ぉぃ)、強引な気もする結論












ベストアルバムに収録される「Hello Again」は、高等部を卒業する際にクラス全員で作った記念創作である。








+αとして、そのCDが完成してクラスメイト達の手に届いたのが、ベストアルバムの発売日…とか。



とはいえ9月末。

制作時に意図的にその時期の配送を選んだのか、そこは麻帆良らしく「今頃届いたよ~(出来たよ~)」なのか。

意図的に選んだのも理由あってなのかいつもの勢いで選んだのか、その辺は考えていったらキリないですが(^^;




んまぁ私は誤植であろうと、なんらかの設定があろうと別にドッチでもいいですが、
「こんなのも面白くありません?」ってな予想を立ててみた今回でした。






P.S

メイトでAice5のフォトブックを予約。
さっそく着せ替えしたカード出したけど、鮮やかにスルーされる始末w

やっぱ予約券と一緒に出したからかねぇ?(知らんw
スポンサーサイト
ネギま! | コメント:5 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。