零四季の、「そうだ、本屋と行こう!」

俺、この戦争が終わったら、のどかと本屋始めるんだ………www

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『魔法少女まどか☆マギカ』最終話を見終わって

朝ですねぇw



感想は続きから~






















『魔法少女まどか☆マギカ』はあらゆる「魔法少女」を凌駕し、「魔法少女」という概念そのものを覆した。

それほどまでに凄まじいアニメだった。



いやぁ、すごかった。

感想書こうと思ったけど、全然言葉が出てこない。

もうちょっと自分の中で整理が出来てからまた改めて書こうかな。



とにかく、本当に面白かった。


















以下、
・余韻に浸りたい人
・ネタバレされたくない人

は、読まずに戻るのを推奨。

これ読んでちょっとでも不安を感じた人も戻るの推奨。







































最終話の、まどかの願いが予想通りすぎた。


頭の弱い俺が言うのもなんだけど、こうする以外に現状を打破する手段はなかったと思うよ。
あまりに詰みゲーすぎるもの……。


でもこれですべての魔法少女が救われた。まどかとほむらも再会を果たせたハズ。

虚淵玄氏もハッピーエンドになるって言ってた(と思う)しねw(救いがあるかはともかく


なんだ、みんな救われたじゃんw






じゃあ何が問題なのかって?



犬カレーワールドやマミの一件に始まり常に予想の斜めあっち側を突かれてきて、自分自身それが一種の快感にもなってた。
(いっそバッドエンドにしてくれてもよかった)

なのに最後の最後で予想した通りに事が進んでしまったことが逆にショックというか。


ようはただ単に俺の我が儘。





とはいえストーリーはかなり面白かったし、最後は本当に感動した。
矛盾するようだけど、まどマギ自体に不満はない。

とにかくほんと、1話から最終話まで、すごく楽しい時間だった。

スポンサーサイト
A&G | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<宮崎のどかちゃんHAPPY Birthday | HOME | ネギま!323時間目 感想>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。